珍しい500円玉なら古銭買取でお得に売却
昔の小判など、価値のある硬貨を売って儲けるという方法もありますが、肝心の古銭を持っていなければそれもできません。しかし価値のある硬貨は古銭だけでなく、現行のお金でもプレミア価格が付いている硬貨がありますから、それに着目することがおすすめです。例えば500円玉は多い年なら五億枚以上発行されるなど、数億枚単位で製造されることが珍しくありません。ところが昭和62年におきましては300万枚に達していないなど、他の年に比べて極端に製造枚数が少なくなっています。そのため現行のお金でありながら、古銭買取店などではプレミア価格で取り扱われています。また昭和64年製造の500円玉も、その次に発行枚数が少なくなっています。昭和62年製造よりも価値は下がるものの、それでも額面を超える価値があるとされています。どちらも普通に使えば他の製造年と同じく500円の価値しかありませんから、もしもそれらの製造年の500円玉を発見した場合は、古銭買取店などで現金化した方がお得です。